2005年08月26日

ずぶ濡れパソコンのその後。

傘をかぶるパソコンのその後がどーなったか、気を揉んでいるみなさん、こんばんわ。

アレは起動したのか、それともダメだったのか、いろいろと心配をしていただいていることでしょう。
ありがとうございます、ありがとうございます。(T.T)

結論を先に言いますと。
ハードは無事でした!!!

ええ、ハードは。

さて、長くなりますが、順を追って説明致しましょう。

まず、傘をかぶった仕事場のG3は、とてもとても悲惨な姿でした。しかもみんな怖がって起動しなかったそうで。(笑)
ま、そりゃそーだ。

外観はそれほど濡れた様子がない。
まぁ、ある程度は乾いたのでしょう。
抜かれたケーブル類を元に戻し、勇気を振り絞って・・・起動!

ブ・・・ゥ〜ン。ジャァ〜ン。よっしゃ、動いた!
次はスタジオディスプレイだ。
前面の電源ボタンもオレンジ(待機)から緑へ!!
やった〜〜〜!!オッケーじゃ・・・

バチッ。・・・バチバチッ!!バチバチッ!!

ここでコンセントをブチッと抜きました。
ええ、抜きましたとも。

だってさー、爆竹みたいな音が連発だよ、連発。
こえぇって!!!!!!!!!!!!!!(>_<)

火花とか煙とかは出なかったけどさ。
コンセントを抜かなかったら、いったいどうなっていたことやら。

この音で、スタジオディスプレイはダメだと判断。
そして、自宅から捨てる予定の17インチのモニタを運び、繋げてみたんだけど・・・
ハードはカリカリ動くけど、一向にモニタが明るくならない。
どんなにやっても暗いまんま。
暗いまんまなんだけど、ちゃんと起ち上がる音がしてる。
闇雲にマウスを動かして、クリックしてみると、なんだか分からないけどエクセルファイルが開く音がする。(笑)
あの「チャリーン」っつーか「チャラ〜ン」っつー音ね。
これはイケる!!ハードは生きてるぞ〜〜〜〜〜!!

ハードが生きているなら、中のデータを取り出したい。
だって、どうしても明日明後日でデータを送らなくてはならないのよ!!
ダンナも協力してくれたので、いろいろと策を練ってみる。
LANでダンナのiBookにデータを落とす。
しかし、ファイル共有の設定をしてないので読み込めない。_| ̄|○

どーする!?どうしたらいい??

そこで出した結論・・・強硬手段を決行。

幸いにもワタシのマシンは同じG3。
仕事場のG3を自宅に持ち帰り、ハードを入れ替え、CD−Rに必要なデータを落とす!!

そして自宅に戻り、まずはワタシの19インチモニタと仕事場G3を接続して起動してみる。

をぅ?・・・OS9.2とかって出るけど?
あらん?・・・フツーに起ち上がってる!!

ひょっとして・・・17インチモニタがアウトだった・・・かも?

そいじゃってんで、捨てる予定の15インチモニタに接続してみると…
起ち上がるじゃ〜〜〜〜ん♪
なんだよー。おどかすなよー。
うわ、画面、ちっちぇ〜!!クスクス。

といったワケで。
無事にデータのバックアップをとり、一段落をしたのでした。ふぅ。

スタジオディスプレイは修理に出すとことで、
当面は15インチのモニタで作業するしかないかも。

でも、ハードが生きててよかった〜〜〜〜〜〜〜〜!(>_<)

しかし、伏兵は潜んでいるもんだね。
濡れたキーボードが逝ってしまっていたよ…。
なんにもいじってないのにさ、「っっっっっっwgっっwっっっg」って出るんだよ。エンドレスでさ。ドキドキ。
見えない何かが入力してるかのようだったよ。(>_<)

<被害状況>
スタジオディスプレイ・キーボード
プリントアウトした書類の山
バイトちゃんのMDや私物・DJ用の音響機器
雑貨多数・・・

雨漏りの原因は、メンテ不足による雨樋のつまり。
そいで台風の大雨で、ちゃんと雨樋の機能を果たせず、水がオーバーフローしちゃったようです。
3階のパソコンまわりが一番被害が大きくて、その真下の1階窓際にディスプレイしてあった雑貨もビショビショだったらしい。

もしかしたら、保険が下りるかもかも?なので、新しい大きなモニタ(17インチ以上の液晶希望)が来ないかな〜♪
いっそのこと、最新のMacっていう手もあるな。うひひ。

まあ、捕らぬ狸の皮算用ッス。(^◇^;)

ええ、スタジオディスプレイが治ってくるとは思いますよ。
思いますけど…夢は大きく!(笑)

そんなワケで。
ホッとして疲れがドーッとでましたけど、よかったよかった、です。

みなさん、ご心配ありがとうございました!! ( ^_^)/
posted by ゆずりは at 22:38| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨Cafeで仕事(終了) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック