2007年09月20日

横断。

友人とのランチを終え、家に帰る道で。
アスファルトの上をなにやら動いてるモノが。

イモムシ。

体長10cmぐらいの、
お尻あたりから垂直に1本毛?が生えてるイモムシ。
暗い緑色、ちょっと縞入りで水玉模様もあった。

そいつが熱い(だろう)アスファルトの上、
ワタシの目の前を左から右へと横断していくわけ。
ついヤツの動く様をじーーーっと見ちゃったわ。

多分、左側の木か植物のところにいたんだろう。
そこから何を思ったか、反対側へと移動し始めたんだ。

でもヤツの直進方向には何もない。
どこへ行くつもりなんだろう。
すると、ヤツは左方向へと軌道を変えた。
その先には電柱脇に1本だけ小ぶりの木が生えている。
そこへ行くつもりなんだろうか。

ヤツはうごうごもぞもぞと進む。
軌道修正したおかげで、明らかに電柱脇の木を目指していた。
ワタシが発見してから3分ぐらい経っただろうか。
目標となる木の根元にたどり着くと、
そのまま体を持ち上げて木の幹を抱き込み、
上へ上へと登っていった。

行く先を知って動いたのか、はたまた本能なのか。
道ばたで干涸らびることなく
自分の生きる術を知っているのだ。

なにやら自然の力強さを感じた出来事。


だけど、ヤツはたぶん、蛾とか蝶とかに変態するんだぞ。
いや、あの色のマイナーさは蛾に違いない。
うへー。(,ΦДΦ)
posted by ゆずりは at 19:40| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック