2012年11月28日

そうなんだ。

某所で流れてきた情報。
「いまは神経芽細胞腫のスクリーニングテストはやっていない」と。

新生児の場合はそのままがんが縮小してなくなるケースがあり、過剰な治療を行ってしまうとの批判から、今では行われなくなっている。
(神経芽細胞腫@Wikipedia)

そうなんだ。

ボウズが6ヶ月のときそれに引っかかって検査して、
7ヶ月で左副腎の摘出手術をしたんだよね。

検査を重ねて腫瘍が見つかった以上、
それは最善の選択であったと思うよ。

おかげで元気にでっかく成長しました。

かかっていた病院に友達が看護婦で勤めていたという偶然。
親身になっていただいた担当の先生。

お元気かしら。

あれから20年近く経ちますが、
ボウズは元気な若者になりましたよー。\(*^ ^*)/
posted by ゆずりは at 20:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 出来事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かなり前から埼玉県では中止されてますね〜
うちの下の子の時には、もうやってませんでした。
Posted by なぎ at 2012年12月02日 01:14
◆ なぎさん、ども!(^▽^)ノ

ねー、そうだったんだねぇ。(´・ω・`)

検査するしないで意見が分かれてるっていうのは
聞いたことあったんだけど、結論出たんだねー。

ウチはオペしなかったらどうだったんだろうって思うけど、
もうとっちゃったし。(^▽^;)

検査なくなってこの病気の罹患率はどうなのか気になるところだね。
Posted by ゆずりは at 2012年12月02日 02:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック