2011年01月10日

永遠の眠り。

ジャンガリアンのあむちゃんが
永遠の眠りについてしまいました。

異変に気がついたのはムスメ。
土曜日の深夜。

回し車の下でぐたったりしてるあむちゃんを
やさしく手の上に乗せてみたら、
オシリからなにか赤いモノが出ていました。

おうちを見ると大量出血したあとが。

ぐうぐる先生で調べてみると
ハムスターに多い病気「脱腸」の症状に近い。

そこには「すぐに病院に行って手術を!」と書いてあったけど、
時間は午前1時を回っていた。

そしてまた、
ゴールデンハムスターなら診てくれるところもあるけど
ジャンガリアンは小さすぎて
手術までやってくれるところは少ない。

つか、だから、ド深夜に病院は無理なんだよ・・・。

為す術なし。

無念。

瀕死のあむちゃんを小さなタオルにくるんで
寒くないようにティッシュペーパーを入れて
綿棒でお水を飲ませてあげて・・・
静かにケージに戻したのでした。

そして、翌日。
昨日の朝。
ケージの中で永遠の眠りについていました。

早くに気がついてあげられなくてごめんなさい。
なにもできなくてごめんなさい。

でもアタシたちはあむちゃんから
たくさんの癒しをもらいました。

ありがとう、あむちゃん。
安らかに。

合掌。( ̄人 ̄)



<<あむちゃんとの日々>>

 ◆2009年7月24日「ハム。」

 ◆2009年9月8日「ハムちゃん。」

 ◆2010年1月27日「脱走事件。」

 ◆2010年1月29日「癒されよう。」

 ◆2010年6月4日「あむちゃん1歳。」


 ◆2010年12月8日 「あむちゃんの遊び。」

  これはmixiの日記オンリーでしたが、
  動画をflickrにアップし直してこちらにも。

  動くあむちゃんが残せてよかった。

 
posted by ゆずりは at 15:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 出来事 | 更新情報をチェックする